理想の目が手に入る二重整形【2種類の方法がある】

アイメイクを楽に

二重整形して毎日のメイク時間を短縮したり、就職活動などで印象を良くする人もいます。今は人の見た目に厳しい人が多くなりましたし、ダウンタイムが短く費用も安めの埋没法が登場したので二重にする人が多くなりました。

目を瞑る人

人気の美容整形

二重整形を行うときには医師とカウンセリングをして、納得してから手術を行います。埋没法と切開法がありますが、費用と持続期間を考慮して、適した方法で医師に依頼しましょう。術後は安静にして、腫れがひどくならないような生活を心掛けましょう。

カウンセリング

手術後の経過

二重の手術をするとまぶたが腫れます。普通に生活ができるまでにかかる期間は、埋没法なら1週間、切開法なら1か月以上です。ただし最近普及している腫れにくい麻酔で手術をすれば、ダウンタイムを最小限にできます。

看護師

整形の流れやメリット

二重整形には埋没法・部分切開法・全切開法に分けられるので、自分のまぶたの形状と希望の二重ラインを考慮した上で決定しましょう。施術前に整形の知識を知っておくと安心して施術に挑めます。美容整形を用いれば短時間で理想のまぶたが手に入ります。

美容整形の注意点と費用

カウンセリング

ダウンタイムと費用

一重がコンプレックスだという人は大勢います。そのため、美容整形の中でも二重の手術というのは多くの人が経験しています。比較的リーズナブルで手軽なため、気軽に始められるからでしょう。そんな二重手術ですが大きく分けて、2種類の方法があります。1つ目は、埋没法です。これは瞼の中に糸を埋め込んでラインを作るという方法です。この方法は費用が抑えることができます。しかし、糸が緩むともとに戻ってしまう可能性があります。保証期間内なら費用負担なく再手術ができますが、期間外の場合は再度費用が発生します。もう1つは切開法です。こちらはラインとなる個所を数センチ切って二重を作る方法です。埋没法と比べると費用が高くなりますが、一度施術をしたらもとに戻ることはありません。目の形状によって、どちらの施術が適しているか判断してもらう必要があります。注意する点はダウンタイムがあるという点です。ダウンタイムとは施術後に発生する腫れの事です。どちらの場合もこのダウンタイムが発生します。埋没法はダウンタイムの期間が短く、1日から長くても1週間ほどで腫れが引きます。実際に切っている切開法はダウンタイムが長く、早くて1週間、長い人ならば1か月ほど腫れが引かない状況が続きます。施術後の激しい運動やお風呂につかる、飲酒や喫煙は腫れを長引かせる原因になるので注意しましょう。次に二重手術について気になるのは費用ですが、埋没法と切開法どちらを選ぶかで大きく変わってきます。糸を入れるタイプの埋没法は費用が比較的抑えられます。だいたい5万円から10万円くらいです。施術時間も少ないので、負担が少ないのが利点です。その分、二重ではなくなってしまう可能性があります。また、埋没法が適さない目の形の人もいます。瞼の分厚い人や脂肪の多い人などは効果が得られにくいとされています。実際に切ってしまう切開法は埋没法より費用が高く、20万円から30万円ほどかかるとされています。ダウンタイムが長いという欠点はありますが、一重に戻る心配がありません。どちらの施術も、麻酔を打つため、施術中の痛みはないです。術後にしばらく鈍い痛みを感じますが、耐えられないほどの痛みではありません。痛み止めが処方されます。その痛み止めを飲むことなく終わる人もいますので、それくらいの痛みだと思えば大丈夫でしょう。気になるのは術後です。整形だとばれないかどうかが心配ですが、これは正直、医師の腕だと言われています。そのため、どちらの方法を選ぶにせよ、クリニック選びは慎重に行う必要があります。値段が安いからと言って簡単に決めるのはよくありません。患者数が多い、会計が明瞭であるなどいいクリニックを選ぶ基準がありますので、安易にクリニックを決めずに自分に合った場所で施術を行ってください。