理想の目が手に入る二重整形【2種類の方法がある】

整形の流れやメリット

看護師

事前準備や手続き方法

二重整形を行う時にはいくつかの事前準備が必要です。術後はしばらく患部を濡らしてはいけないので、できれば入浴を済ませておくことです。術後、当日は入浴を避けるように言われるケースもありますのであらかじめ入浴しておきましょう。顔をぬらなければ入浴可能な場合もあります。また、数日間入浴禁止になることも考えられるので、カウンセリングの段階で確認しておくと安心です。二重の施術方法によっても異なりますが、特に切開法を選んだ場合は患部が腫れてしまうことが多いので、帰宅する際に冷やせるグッズを用意しておきます。冷やすことによって腫れを抑えることができるのであると便利でしょう。術後の腫れやむくみが目立たないようにするためにも、しばらくはむくみが生じないような生活を心がけることも大切です。カウンセリングでは仕上がりについてのデザインを確認するので、ノーメイクでカウンセリングを受けるように指示されることもあります。逆に普段メイクを行う人ならば、メイクをした状態としない状態の両方での仕上がりを確認することもありますので、最初はメイクをしてくるように指示されて、あとでノーメイクでのデザイン形成を行うケースもあります。カウンセリングで疑問点がなければそのまま契約書にサインして施術日程を決めるのが一般的です。二重整形に関する知識を学んでおいた方が自分に適切な施術を判断することができますし、クリニック選びにも役に立つことがあるでしょう。ですから、施術の申込や契約を行う前にまず整形に関する知識をある程度把握しておくことが大切です。二重整形には大きく三分類に分けられます。まずひとつは埋没法です。まぶたに糸を使用して留めることで線を作る手法なのですが、費用が安く傷跡も残らず、糸を切ると元の状態に戻すことができるので、後々幅を変更したいと考えているのならば再施術もしやすい方法です。数万円で行えるので金銭的にも大きな負担は掛かりません。手っ取り早く二重を作りたい人に人気です。メスを使用する切開法には部分切開法と全切開法に分けられます。まぶたの形状によって適切な切開手段が決まってきますから、こちらに関しては費用もほとんど変わらないので医師のアドバイスを受けながら決めてください。切開法は20万円から30万円程度かかりますが、切開して線を作るので一度施術を行えば一生涯の二重が手に入ります。まぶたが重いタイプの人でも切開法であれば確実に二重を作ることができます。埋没法・部分切開法・全切開法の中でもどの方法が自分に一番合っているかを医師の診察によって判断することが可能でしょう。