理想の目が手に入る二重整形【2種類の方法がある】

人気の美容整形

目を瞑る人

埋没法と切開法があります

女優さんのようなくっきり二重になりたいという希望を叶えることが出来る方法として、二重整形手術があります。二重整形にするためには美容クリニックを探すことから始めますが、インターネットを利用すればクリニックの評判も知ることが出来ます。最近はどの美容クリニックでもホームページを持っていますので、ホームページからカウンセリングを予約します。カウンセリングでは担当してくれる医師と具体的な二重の完成図を決めていくことが主な目的となります。重瞼棒を使って、いろいろな二重を模擬的に作ってみて、理想的なものを試行錯誤しながら決める作業です。カウンセリングが終わると実際に手術の申し込みをすることになりますが、未成年者の場合には保護者の同意書を求められます。手術当日は麻酔の注射針の痛みを和らげるための麻酔クリームを塗ることから始まります。麻酔クリームを塗ってから、実際に瞼に局所麻酔を掛けて、手術時の痛みを感じないような処置をします。手術ではカウンセリングで話し合ったラインで塗っていくことになりますが、局所麻酔を掛けているため痛みはありません。手術が終わった直後に、瞼の腫れ予防のためにアイシングをして、腫れが出にくくすることもあります。二重整形には埋没法と切開法があり、費用と持続期間が違いますので特徴を知った上で判断する必要があります。埋没法は糸で二重を形成する方法で、より体への負担が少なく、失敗したときのやり直しが出来るという安心感があります。費用としては5万円から10万円で、整形手術としては安価に出来る部類に入ります。埋没法の中でも数種類あって、1点留めや2点留め、3点留めなどがあり、患者の瞼の状態によってどの方法にするのかを決めます。埋没法は糸を使っているだけで、メスなどを使わないので糸が外れることはないわけではありませんので、二重がもとに戻ってしまう心配もあります。一方で、もう一つの方法である切開法では、くっきりとした二重のラインが出来て半永久的に効果が続くというメリットがあります。しかし、費用について言えば、30万円を超えることもあるくらい高い手術となることもあります。それに瞼が腫れる症状が出るので、手術をしてから数日間はサングラスをはめたりして日常生活に支障が出ることもあります。腫れが出る期間を短くするためには安静な状態を続けることが大切になってきます。血行が良いと腫れが酷くなるという特徴があるので、熱いお湯を掛けない、お酒を飲まないなどの生活がおすすめです。